改善症例

2019.03.21頚椎椎間板ヘルニア


長年、体の左側がひっかかったような感じや痛みやこり感がありました。
その時々でマッサージや鍼、カイロプラクティックにかかっていたようです。
こりが強くなり吐き気がして病院を受診したところレントゲンの結果、頚椎の4番と5番の間のヘルニアと診断されました。
単純レントゲンだけでMRIは撮っていません。
消炎剤、弛緩剤、ビタミン12を処方され服用していましたが1か月過ぎても吐き気や痛みは治まらず来院されました。

後頭骨と1番目の首の骨の関節、首の関節、背中の筋膜、肩、腕の筋膜と広範囲に問題を起こしていました。
長期間経過していたので癒着も強く発生しています。
しかし、ヘルニアの症状ではないようです。(強いしびれや筋力の低下、筋肉の減少が見られません。)

2回の施術で吐き気はなくなり痛みも軽減してきています。
4回目の施術で関節包施術を行い、痛みもなくなりました。





CONTACTご予約・お問い合わせ

カラダの痛み・悩みはお気軽にご相談ください。

03-5534-8143

受付時間:平日 10:00~21:00/土曜 10:00~19:00